ブランドピース香芝店» ジュエリー»

ブランド買取 香芝店 パライバトルマリン 高値が付くのはこの色です、 奈良 宝石 高価買取 の道しるべ。
2015年04月02日(木)

 

 

 

 

奈良県香芝市、近鉄大阪線・下田駅すぐ、

BRANDPEACE(ブランドピース)香芝店

のブログにお付合い頂きありがとうございます

 

フジタです。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

Paraiba’s Tourmaline   パライバトルマリン/0.65ct   D/1.25ct   ptリング   美USED☆

 

 

 

 

パライバ トルマリンの価格って!?

 

ブラジル北東部のパライバ州にて1987年から1991年までで採取されたネオンブルーのトルマリンをパライバトルマリンと呼び、発見当初から産出量は少なく、採掘された15kg程の結晶が供給の大半であったと考えられます。1991年以降は人手のみの採掘からブルトーザーや空気ドリル等の機械力の導入などにより近代化された鉱山運営が本格化、以後は潤沢な生産が進むと期待されましたが、それに反して以前のような大きく美しい結晶の産出は途絶えた。

 

採取された量も少なく、結晶は多くの場合、鉛筆の芯ほどの細さで、1カラットを超える大きなルースが採れる結晶は非常に稀だったので、価格は果てしなく高騰する一方!!   そんな希少性から最高級のダイアモンドに匹敵する水準まで跳ね上がると言う事態にまで至っていました。

 

現在は、生産の大半を占めるのはモザンビークです。ブラジルのパライバ産と違うのにパライバトリマリンと呼ぶの!?と突っ込まれたかたもおられると思いますが産地が変わってもパライバトルマリンはパライバトルマリンです。只、モザンビークは埋蔵量が多く、ブラジル・パライバのバタリャ鉱山では稀であった、1カラット~3カラットの大きさの、色合い、透明度ともにそこそこの石が安定して市場に供給される事により、値段もカラット当たり数千円から2,3万円と、一般のトルマリン並みの水準になり ようやく品質と大きさに見合った値付けになった言える現状です。

 

なので、

 

ブラジル産で

 

カラット数が有り

 

眩い水色〜青色系の瑞々しいネオンカラー

 

新しいデザイン

 

が、高値が付く条件となります。

 

 

お持ち込み頂きましたパライバトルマリンPtリングは

お色目も良く、ラージメレの取り巻きデザインも良好で

高価買取り対象品となります。

 

 

 

買取価格、貴金属・ジュエリーのお買取の疑問に関しては

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

「損しないで売りたい!!」方  専用ダイヤル

0745-79-1212
090-9101-8851 : 携帯直通

BRANDPEACE 香芝店 :   店長・ 藤田まで

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読み下さりありがとうございます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

お車でお越しの場合

五位堂から約5分  真美ケ丘から約5分

広陵町から約10分      大和高田から約10分   葛城市から約10分

王寺から約20分      御所市から約20分

生駒郡から約30分  南河内郡から30分

 

詳しくは

0745-79-1212

BRANDPEACE 香芝店

担当:フジタ

BP_fujitasama

639-0231 奈良県香芝市下田西3丁目2-17 地図 http://www.bp-kashiba.com/archives/date/2012/01/22/

近鉄大阪線・下田駅 (徒歩1分)  docomoさんの隣  定休:水曜日

Open/Close  10:00-19:00

Exif_JPEG_PICTURE

ブランドピース香芝店 電話番号 ブランドピース香芝店 電話をかける ブランドピース香芝店 メールする

[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
LINEで送る
Pocket